*Lovely Baby*

愛娘hime*の育児日記

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

出産後編~出産回想録4~

2008年11月20日

19時過ぎ
出産&後処理を終えhime*もきれいに拭いてもらい
(産湯は翌日)オムツ&服を着て再び私たちの元へ


私は分娩台の上で約2時間程回復の時間を過ごすように言われ、
旦那がhime*を抱っこして私の隣で座ってました。
初めての家族3人の時間
旦那の要望で初乳をあげてみることに
初めて飲ませてみたら思った以上にグビグビっと
産まれたばかりなのに上手に飲めていたので驚きました
本能で飲むことができるんですね。感動。
今思うとこちらも初めての授乳だったので
かなり無理な体勢で無理矢理飲ませていた気が
あの初めておっぱいを飲んでくれた時の感覚。。。
くすぐったいような、照れくさいような
母になった喜びも湧いてきて涙がでました。
この気持ち今でも忘れません。

照明も少し落として間接照明音楽が流れ
リラックスした時間。。。
達成感と安心感そして脱力感。。。とても満足感に溢れた幸せな時間でした


私は実家や義両親に出産報告の連絡を
「やっと産まれたかーー」と歓声が、みんなとっても喜んでくれてました


ここからは長文なので 興味がある方はどうぞ

≫ Read More

スポンサーサイト

| 出産記録 | 11:36 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

出産中編~出産回想録3~

2008年11月20日

15時頃、いざ出産へ。。。。

院長から
「全開になったけど子宮口が固いし赤ちゃんがまだ下がってきてないね」
と気になる事を言われました。

うちの
分娩はフリースタイルなので好きな姿勢で産む事ができます。
旦那も分娩台の上へ上がり私が抱え込むような姿勢をとったりもしました。
あとは四つん這いや横向きなどいろいろ試してみました。

助産師さんから「重力で赤ちゃんを下げるので
和式便所の時に座るような姿勢をとってください。」と言われ

「すいません私、和式便所の姿勢できません
身体が固くて座れないんです」と返すと。。。
できないことを知ってる旦那は笑いをこらえていた

「じゃあ(汗)旦那さんにつかまってみては?」

「足が痛いぃやっぱムリですぅ~

その後、だんだんテンパってきて
助産師さんたちに
「身体固くてすいません。」
「なんで赤ちゃんさがってこないんだろ?すいません。」
「時間がかかってすいません。」
「体力なくってすいません。」
とやたらと謝り続けてました

3時間半、陣痛の波とともにいきみ続けると
だんだん体力もなくなっていき。。。

誰かのブログで分娩中に体力が続かなくって
「この続きは明日でお願いします」と言ったら叱られた
って記事を思い出して、妙に納得してみたり

陣痛の2~3分の間隔でうたた寝をしたりしてました。
これが体力温存の為に効果だったらしく←後から知った

人間極限になるとすごいな~って自分で感心しました

いきみすぎで眼球に圧をかけすぎたせいで
眼を開けても視点が定まらず、
「眼がなんか変!なんか変!」って思わずつぶやいていました。

事前のバースプランで
「できるだけ自然なお産で、緊急時以外は帝王切開をしないで欲しい」と
言ってありました。

18時頃、院長先生より
「産道が浮腫んでいて自力出産はムリだと思うので
お手伝いしましょうか?」と言われましたが。

「もう少し、もう少しだけ自力で頑張らせてください」と断りました。

でもその数分後
「お母さんの体力の限界が近づいているので
吸引分娩させてもらいます」と判断され
分娩台に足を乗せるところが設置され、いわゆる分娩スタイルに。
普段事務局長をしている院長夫人(助産師)が登場し、
お腹の上に乗って腹部へ圧力。吸引分娩へ。。。。


周りの全ての人が私の陣痛の波と呼吸に合わせて
静かに見守っていてくれました。

トライ1回目→失敗×

院長先生が
「次でダメなら緊急帝王切開します」と一言。

私泣けました。涙が自然と流れおち
心の中で「こんなに頑張ったのに、私は自力で産む事ができないの?
おしもも相当切られているのにお腹まで切られちゃうの???」

隣で旦那が、私の頭をなでて
「大丈夫、次で必ずでてきてくれるよ。信じよう。
頑張れるetsuna*は絶対に頑張れる。一緒に頑張ろう」と声をかけてくれました。

静かな時間が流れ
陣痛の間隔が少し長く感じられました。

そして次のいきみ。みんなが一斉に動き始め
旦那が私の頭をもちあげながら
「おへそを見て!!」と
院長夫人にお腹も思いっきり押されて。。。。
げんこつ手形がくっきりと残るくらいの圧力

その瞬間
「でた~」と赤ちゃんの頭がでてきました

安心した私は脱力。。。(終わった~)

しかし次の瞬間に
「はい。いきんで~!!!」と言われ
あわてて脱力→いきみをしました。

まだ肩がでてなかったのを忘れてました(泣)

「ふんぎゃぁ~」

視点がぼやけている私にも
へその緒がつながったベビィがぼんやりと見えました。

隣にいたはずの旦那の姿がなく
「よくがんばったね~」とかないの??状態でしたが
旦那はビデオをまわしてました。

赤ちゃんのチェック(心拍・呼吸・酸素濃度?など)が始まり
すぐに「100点満点の健康な赤ちゃんですよ」と
言われ安堵

念願のカンガルーケアをしました。
私がhime*に初めてかけた言葉
「あなたもよく頑張ったね~」

後産、おしもの縫合中ずっと私の胸の上で
羊水を口からたらしながら眠そうな眼をしてました。
10ヶ月間お腹にいた子が今胸の上に。。。
感動に浸れる時間でした。

この様子がビデオにおさめられており
何度観ても感動して泣けます


本当に大変だったのはここから。。。

続く

| 出産記録 | 17:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

出産前編~出産回想録2~

2008年11月20日 運命が変わった日

朝の院長先生の回診で
子宮口は4.5cmしか開いておらず
リミットが破水してから72時間以内ってことで
点滴の陣痛促進剤を投与することになりました。

点滴の量を少しずつ増やしていくと同時に
陣痛の痛みと間隔が狭まっていき。。。
順調に陣痛がきて子宮口も徐々に開いていきました

陣痛の合間に旦那や看護士さんなどと会話をしたり
お茶やお菓子などを食べながらそれなりに乗り切ってました。

個人病院なのに助産師さんや看護士さんの数がとっても
多くって、常にLDR内に誰かがいてくれる状態で心強かったです。

この時点で会話したり笑ったりする私の余裕っぷりにみんな驚いてました。
ちなみにお昼ご飯も分娩台の上で陣痛の間隔が5分以内になって
ましたがしっかりといただきました
menu_convert_20091114165537.jpg
分娩台の上から私が撮影したもの。このオムライスの味忘れません(笑)

この直後から
陣痛逃し→いきみ逃し
に変化していき、テニスボールの上にあぐらをかいて座って
逃していました。
この時点で子宮口7.5cm。3分間隔で陣痛の波がきていて
その合間に点滴片手にダッシュでトイレへ行ったりしました(笑)
私の俊敏さに看護士さん唖然としてて。←その状況がビデオに残っていて笑えます

子宮口が9cmの時に
助産師さんに「早く全開になるし痛みが和らぐからお風呂入ろっか?」
(えー??このタイミングで?)
私「お風呂で全開になって赤ちゃんが出て来たらどうしよう??」
助産師さん「ここはだから何処で産まれても大丈夫
私「じゃお願いします」
って会話をしてそのままお風呂へほぼ真っ裸状態で直行
陣痛中でも羞恥心はあり、ちゃんとタオルを巻いたりしてました。

コードレスの陣痛計をつけたままへ入ってみると
ビックリするくらい痛みが和らいだことに驚き
でもいきみたい衝動はお湯の中でも変わらず。。。

助産師さんに湯船の中へ手を突っ込んで
おしりを押さえてもらいました(照)

15分程湯船で過ごし
陣痛の波がMaxになってきて自分では既に上手く身体が拭けなくて
旦那に拭いてもらった微妙に濡れてる状態で分娩台へ

お風呂効果で子宮口が全開になり
院長先生からのいきみ許可が出て
「やっとキターーーーーー」と思ってから
さらに3時間半分娩台の上でいきみ続けました。
本当の恐怖はここから

続く。。。

| 出産記録 | 16:41 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

陣痛編~出産回想録1~

2008年11月18日
16時すぎ
実家近くのショッピングセンター内で買い物途中に破水。
その時の記事がこちら*Happy baby*

破水して陣痛がきているのに
それに気がつかず運転して実家まで帰って、
さらにPC開けてブログを更新したり。。。
「お風呂でも入ろうかな?」なんて考えていた
かなりの余裕っぷり。
ブログを更新した直後に
また何かが出たような感覚が(破水)したので急いで

「破水の可能性があるので入院の準備をしてきてください」
と言われ
ゆっくり準備をして18時半頃へ。

結局破水だったのでそのまま即入院でした。
入院して2時間後くらいに旦那が到着
大量の食べ物&飲み物の差し入れを持って
母に持たされたらしい
そのまま旦那も一緒に退院までで過ごしました。

よく「旦那が一緒にいてもほとんど役にたたなかった」なんて
ことを耳にしますが、
うちの場合は「旦那がいなかったら出産できなかった」と宣言できます。
それくらい旦那にはホントに感謝感謝です。

うちのは個人病院で開院3年目だったけど設備が整っていて
院長先生の評判も良くとにかく綺麗で食事もおいしくって

LDRには分娩台と隣に温泉旅館並みの和室、そしてお風呂も完備されており
病院内とは思えないとっても快適な場所で分娩までそのまま3日間過ごす事になりました。
LDRに2泊3日って感じ?長~い

**************************************************************

11月19日
朝の院長先生の回診で内診
破水しているのに子宮口がまだ固く1cm程度しか開いていないので
促進剤の錠剤を服用することに。

助産師さんが一時間おきに1錠ずつ飲ませてくれる。
最高6錠まで服用できるけど、私は5錠で陣痛がいい感じに

お腹の張り具合や胎児の心拍数を測定する陣痛計を常につけていたので
モニターで具体的に針が振れるところや数値で痛みが表示されるので
旦那もサポートしやすかったみたいです。

ヨガの呼吸法と旦那のツボ押し&マッサージで陣痛を乗り切りました。
パパママ教室で学んだこと

呼吸は、鼻で吸って口から吐くろうそくの火を消すみたい
吐いているときに腰のツボを思いっきり押してもらう。

これがかなり効果があり、陣痛中も笑ったり食事したりする余裕がありました

でも結局その日は微弱陣痛になってしまい。。。

しっかり食事もとって、運動病院内をウォーキングもして、旦那といろいろ話をして。。。
笑ってリラックスして過ごしました。

ちなみに旦那の会社は、妻の出産の場合、休暇が3日間とれるので慶弔休暇扱い
出産までずっと付き添ってくれました
ホント助かった~

続く。。。

| 出産記録 | 14:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

出産秘話

hime*の誕生日もついに1週間を切りました
なんだか妙に、写真やビデオやらをやたら観る機会が増えてきて。。。

「一年前の今頃は~」なんてよく考えてます

私は自分のブログに出産レポを実は書いてなくて。。。
今更ながら、記録しておこうかな?なんて思ってます。
記憶ってだんだんと薄れてしまうもので
強烈だった記憶も今は落ち着き
サラリと日記に書くことできそうです

ちなみに私の母子手帳に記録されてる
「出産の状態」のページには。。。

妊娠期間  妊娠39週3日
分娩日時  H20年11月20日 午後6時31分
分娩の経過 頭位
   特記 前期破水にてプロスタルモンE5J内服、
      アトニンロ5単位で誘発、吸引・圧出にて分娩となる
AP8/9 ヘマトーマができ、除去術行う。

分娩所要時間 10時間4分 
出血量    多量(1253ml)


と記載されています。ちょっと意味わかんないコト書いてありますが~
正直「これだけかい??」って感じです。
文字で記録するとあっさりと書いて終わりだけど
まぁ母子手帳だから仕方がないんどろうけど
体験した本人は本気で死ぬかと思った分娩でした

分娩時間も10時間4分って。。。
これは促進剤を打ってからの時間記録ですね。

ちなみに入院~出産まで72時間
破水してから74時間でした
もちろん破水してるから陣痛はあるし
微弱陣痛の時間帯もあるけど
ほとんど眠ることなんてできない状態だったのは確かです。

文字で記録するとあっさりとした分娩に思えてしまうので、
それがなんだか切なくって。。。

1年が経過してるので正直、時間とかの記憶が曖昧な部分が
あるけど、頑張った自分を忘れないように文字で記録してみようと思います

続く。。。

| 出産記録 | 14:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。